税理士転職ガイド【※人気の転職サイト比較】

税理士に転職をお考えの方へ

税理士としての転職をより確実に成功させるには転職エージェントの役割は非常に大きいです。キャリアプランを見据えてマンツーマンでサポートしてもらうことで希望にあった転職を実現することができます。

税理士の転職に定評があるのはマイナビエージェントです。これまでの税理士の転職成功実績も豊富で、利用満足度もNO.1のおすすめの転職エージェントです。

税理士の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



ビズリーチ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細



税理士の転職動向

(1)税理士事務所・税理士法人間の転職

すでに税理士事務所(会計事務所)・税理士法人に勤務中で他の事務所・法人への転職を考える場合は、大きく分けてふたつのケースが考えられます。  まずひとつは、ステップアップとしての転職です。現在の事務所で働きながら税理士の科目合格あるいは資格取得を機により待遇の良い事務所や規模の大きい税理士法人へ転職するケースです。

 そして、もうひとつが現在の職場に対して何らかの不満があり他の事務所へと移るケースです。特に、少人数規模の個人会計事務所では、所長や長年勤めている職員の方々の人柄が職場の雰囲気等を大きく左右しますし部署の異動等もありませんので、職場環境を重視し転職をするケースはよく見受けられます

(2)税理士事務所・税理士法人から他業界への転職

 税理士事務所(会計事務所)や税理士法人から他の業界へ転職する場合、これまでの経験・実績を活かして一般企業の経理職等に就くケースとそれ以外の業種・職種に就くケースが考えられます。  前者は、経理・財務担当職やCFO(最高財務責任者)といった道が考えられます。特に近年は、IT系を中心としたベンチャー企業の台頭があり、これまでエンジニアを中心とした創業者だけで会社運営をしていたものの、規模拡大につきCFO候補や経理・財務担当を探している会社も見られます。そういった会社では、これまでの事務所での経験が大いに期待されます。

 また、後者の場合であっても、会計・税務の知識があり数字に強いということは転職においてアドバンテージになっても不利になることはありません。さらに、会計事務所出身というのは、堅く誠実で真面目な印象を与えますし、ルーティンワークを多くこなしてきたことによる忍耐強さは大きな武器になります。また、知識だけでなく、税理士事務所(会計事務所)では顧客との対話の機会も大きく経験してきたはずですので、営業職など人と接する仕事に就くことでこれまでの経験を活かすことができます。

(3)他業界から税理士事務所・税理士法人への転職

  一般企業にて仕事をしながら税理士の勉強をしていて、科目合格等を機に税理士事務所や税理士法人へ転職するケースでは、税理士試験に合格(科目合格を含む)することとは別に、まず税理士業界に自分が向いているか適性を考える必要があります。違う職種からチャレンジする場合、税理士事務所(会計事務所)に転職されてから戸惑うことも多くあります。税理士事務所で働いている人は資格の有無に拘わらず、いわば職人気質の方が多く、この業界が初めてであっても必ずしもイチから教えてくれるとは限らない事務所も多くあります。

ですので、そういった世界であってもやっていく覚悟が必要です。また、毎年税法の改正や会計基準の変更等がありますので、知識を日々アップデートする必要もあります。試験に突破しても、常に法改正等の情報をチェックして仕事を進めていくだけの熱心さも求められます。その他、顧客とのコミュニケーションも重要になってきますので、人と接することが不得手でない方には向いている業界と言えるでしょう。

税理士の求人倍率

税理士の求人倍率は年々上昇しています。これは、税理士の人手不足が大きな原因となっています。一般職でも人手不足は深刻化していますが、これは税理士の世界でも同じことです。また、税理士を目指す学生が減ってきていることや、税理士の一般企業への転職などで、税理士事務所や会計事務所では税理士不足が叫ばれています。税理士の仕事は税理士にしかできないので、税理士不足の事務所では必然的に残業が増えてしまいます。

そもそも税理士になるには難関試験を突破し、受け入れてくれる事務所を必死に探さなくてはいけませんでしたが、今はどちらかと言えば税理士不足なので、事務所側は喉から手が出るほど人材を欲しています。つまり、現在の税理士の求人倍率はどんどん上昇していると言えるのです。その結果、一昔前に比べて税理士事務所や会計事務所は税理士の採用条件を引き下げてでも採用を増やそうとしています。いわゆる売り手市場になっているのです。また、税理士が活躍できる場所は税理士事務所や会計事務所に留まらず、一般企業でも必要とされています。そして、グローバル社会においては、英語力をもった税理士を必要としている企業もあったりと、その需要はとても高いと言えるでしょう。

こうした状況から、今は税理士が就職や転職をしやすい時期とも言えます。ただし、これは地域や個人のスキルによっても変わります。特に税理士が転職しやすいのは税理士試験後と言われていて、税理士試験後は税理士事務所や会計事務所も多く求人を出しますので、新卒を中心に中途採用の税理士求人数もどんどん増えていきます。しかし、この時期は当然就職や転職をしたいと考えて活動する税理士も多くなりますのでライバルも増えます。ですから考え方によっては税理士試験後は転職に最適な時期ではなく、試験前や試験が終わってしばらく経って市場が落ち着いてからが、税理士の最適な転職シーズンという考え方もあります。実際、税理士の求人倍率が上がっている時代ですから、求人シーズン以外であったとしても、それなりのスキルやキャリアを持っている税理士なら欲しいという税理士事務所や会計事務所、または一般企業はたくさんあります。

ただし、税理士として納得した待遇で、納得した仕事をしたいのならきちんと勤める事務所を見極めることも必要です。税理士は全体的に人で不足ですが、その事務所が人手不足なのはもしかしたら待遇が悪かったり、残業が慢性化していることで人員が定着していないという可能性もあります。


Copyright (C) 2015-2018 税理士転職ガイド【※人気の転職サイト比較】 All Rights Reserved.